更年期障害、若年性更年期障害

こんな障害ありますか?

 

  • ♦  欝なのか、更年期なのか区別が付かない

  • ♦  リビドー(性欲)が減少

  • ♦  とにかく疲れる事が多い

  • ♦  やる気出ない+思考が明確にならない

  • ♦  メタボ?太ってきた

  • ♦  記憶力落ちてきた

  • ♦  何処の医者に行けばわからない?
  • カンジダが増えてきたとか?
  •  

    卵巣機能低下も改善は可能 → 卵巣低下を知ってみる

    子宮摘出でも女性生涯を防ぐ管理は十分にある

    早閉経を予防と自然治療が可能

    生理の過剰、減少に気づけば即、ホルモン検査

    FSH、LH、女性ホルモン検査をする

    AMHの数値上昇アンバランスを知って改善する
      (AMHは未だ新しい、100%うのみに
    しない)

     

    ←をクリック

更年期障害って何?

 

女性ホルモンが加齢と共に、ホルモンの分泌量がどんどん減少していって、身体に障害が上記のような、出てきます。そしてその障害とは、精神にも不調を起こします。胃酸が多い消化不良など、精神的な不安、イライラ、泣ける、感情のムラなど、こういった症状を「更年期障害」と言われています。

更年期障害は、ホルモンの低下が大きな要因

 

女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。ここで年齢が、35歳にならなくても、こういった更年期障害が起きる。卵巣機能の低下が、出ることも十分に可能があるということです。まずは、ストレス管理を知ることから始める。

 

ストレス管理を知る←目を閉じて、1分時間を与えて 聞いてみる

音量必要 + 大きく深呼吸して黙想してみる

Dr.ウエイン・W. ダイアー、先月5月2010年のカンファで流された1曲で、彼の友人でもあるCeciliaとクジラの声の合唱。沢山の参加者の女性の目から涙があふれていた一瞬・・・心落ち着く

エストロゲンドミナンス

 

プチ更年期によく見られる象徴でとても危険な状態でこの症状を長く放置しないように管理が大切。エストロゲンドミナンスとは、エストロゲン優位性と日本語で言われるが、理論についてはホルモンの代謝状態レベルのエストロゲンのレベルを上回るプロゲステロン。エストロゲンが増えるとは、異なる。

 

30歳にならなくても起きている、若年性更年期が急増

 

日本では、一昔閉経も51歳といわれて、女性は世界を代表する長寿リーダー。アメリカのこの手の更年期の意志は早くも前から、このアジアで更年期障害で悩む序映画増えること。これは環境の変化であったり、ストレスや食事、生活が西欧化された要因もあると言っていた。

こういった女性障害の名医が、嘗て、日本の食が、世界一、見習いたいという食事であった。サプリメント食とまで、言われた日本。そして良く食べる魚とは、オメガ3が豊富であったことも日本の長寿と更年期障害が少なかったのせいではないかという声も頻繁に聞く。

女性の美は、この女性ホルモンにバランスされる。そのバランスとは、見かけだけではなく脳、ストレス、そんな内面的なことがもっとも作用すると言っても過言ではない。

 

早めに女性ホルモンとストレスホルモン、甲状腺をチェックして、体を改善して、更年期障害を予防することです。バイオアイデンティカルホルモンで、バランスは、取れる。女性ホルモンのページで勉強しましょう。

 

 

あなたのお弁当箱は、プラスチック製?

マイクロウェーブにかける度に、エストロゲンが含有される?

 

コンビニにある、おにぎりのラップ、ボトルの水、惣菜を買えば、プラスチック、モノを買えばプラスチック。水やジュースもプラスチックボトル、時には、牛乳からこういったホルモンが体内に入る。

なぜ、初潮が8歳で来るのか?疑問を持ってみるべき。女の子の子供を持っているなら、絶対に無農薬の100%の牛乳だけを子供に与え、このホルモン含有と環境には気をつける。最近では、肉、魚までいろんなエストロゲンという、女性のホルモンの分子と同じものが、こうやって環境的に(外的から、)ホルモンが知らないうちに体内に入っている。これは、アメリカでもかなり問題になっていて、未来を失った子供たちという本もベストセラーになった。医師であれば、母であれば、(特に女児を持っているなら読んでほしい)。

 

このプラスチックは、かなりの問題である。女性ホルモンが、弁当箱から入る?シャンプー?やクリーニング剤からも?

 

現代の環境の変化、プラスチックなどに含むホルモン剤、牛や鶏、豚の飼育に使われるホルモン剤など過去になく汚染、急スピードで世界を変化しつつあります。そんな影響+ストレス社会から受けるマインド汚染で私たちの大切なメインのホルモン、副腎を叩きつけて(副腎皮質を知る)コーチゾルというホルモンをダメージ与えた場合には、甲状腺やこういう女性ホルモンなど性ホルモンのバランスを不安定にしてこのような更年期障害が起きるということです。

 

体の変化に気が付けば、ただちにホルモン検査でチェック

 

女性が、女性をk例に美を保つのは、女性ホルモンのお陰です。キレイな髪の毛、きれいは肌、シャープな頭、元気な骨、皮膚、神経、バランスとれた感情までこのホルモンのお陰です。

 

この女性ホルモンが製造されてオバリーという、卵巣の働きが衰えたり、停止されたりすれば、電車や車のブレーキに寄って、急ストップされることがあります。この卵巣とは、下垂体というピチュリタリーとの関係があって、上記に示す、症状は危険信号を送り、下垂体と卵巣のアンバランスが起きて、女性ホルモンの製造中止にも成りかねないことです。

 

ホットフラッシュは改善、管理可能 プチメノポが危険、予防に全力!

 

バイオアイデンティカルホルモンが不可能であれば、出来ることは、ハーブと女性のメディカルサプリメント女性が、女性をk例に美を保つのは、女性ホルモンのお陰です。キレイな髪の毛、きれいは肌、シャープな頭、元気な骨、皮膚、神経、バランスとれた感情までこのホルモンのお陰です。プチ更年期のメディカルサプリメント

 

ストレスで女性ホルモン(卵巣)製造中止されました? エッ???

 

ストレスによる、怖い症状は、ある人の下垂体を刺激、たたき、痛めつけると製造中止しました。というような事態が起きるのです。これが、次に示す卵巣機能の低下のこと。女性ホルモンは、すごくシビア、繊細です。ストレス大嫌い。30代でこういったホルモンが低下、そしてその低下の原因は、ストレスから来る原因が大変多い。このサイトの発起人がストレス生活でこの卵巣低下を経験しています。生活とは、若き頃スポーツも子供の頃から強化選手や試合の連続で休みなし。20代には、ニューヨークへ出て寝ずに勉強、寝ずに仕事、週末は遊び、こんな過激な知らぬ間にストレスを蓄積する生活を長く続けていたからこそ、こういった女性機能が、一時停止する事態が起きたのです。この卵巣機能のリバース(改善)は、本当に困難。女性の卵巣は、変えられない。1つだけ。この機能が低下すれば、女性の美は、低迷。

 

エストロゲン自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

 

ストレスを予備することがホルモンのバランスも予備

 

こんな痛い経験をする前に予防してほしい。どれだけ、ストレス=頭=ストレス=脳下垂体=子宮や卵巣がつながっているのか。この脳が指令をだして卵巣に届くのです。もっと簡単に言えば、卵巣のスイッチは、脳下垂体、ピチュリタリーが起動しているので卵巣が動いているとイメージすれば、なんとなく理解しやすいはず。ストレスと関係あるか、大関係であって、是非この機会を自分の改善と予防に変えてほしい。

 

卵巣機能低下

 

卵巣低下の発症で、うつの症状、不安定な感情、精神的バランスやこういった障害を持ってくるだけではなく、この卵巣がストップするば、更年期障害が起きること。その更年期障害とは、関節の痛み、セックスの痛み、利美度低下、記憶低下、うつ、ほてり、倦怠感、不妊どころか、無排卵を起こすことにもなるのです。だから、ストレス管理を行って見えないホルモンのバランスを保ってください。これが、本来の女性の美につながる。ヘルシー精神にも、ヘルシーボディーにもつながるのです。

日本で、急激に若い人に急激に増えている若年性更年期障害。30歳でもこういった経験をする可能性が十分にあります。若年性更年期障害は予防できる。絶対に避けてほしいストレスと体を無視して、いたわりのない生活。閉経が40歳で来て、放置しておくと免疫低下だけではなく、成人病になる(乳がん、心筋梗塞など)可能性の率が増える。是非、予防してほしい。

 

卵巣機能が早期に低下する病態で、早期卵巣不全は、この卵巣機能低下と改善のついてのページで勉強しましょう。

リバースと改善方法は、ビデオと音声で録画中。

 

エストロゲン自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

ストレス自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

 

元、スポーツ選手、強化選手は特に気をつけてホルモンをチェックする

 

フリーラジカルとは、酸化反応が起きる、がんの1つの要因でもあります。スポーツは、適度は大事。最近、元スポーツ選手であったという女性が、このホルモン障害を持つことが多いということ。スポーツで鍛えて元気を保つことは大事。しかし過酷、過度のスポーツで本来のホルモンをコーチゾルを叩きつけてしすぎて、ホルモンのバランスや女性ホルモンの製造中止が起きることは少なくない。

 

スポーツ選手と不妊症?ホルモンのチェックで上手くバランスが取れる

 

スポーツ選手と不妊症の関係なども知ってみることも大事。元強化選手、体操選手、新体操選手、マラソンや、オリンピック選手は、過去、過酷なトレーニングを行ない朝から晩まで、体を痛めつけるレベルのトレーニングを頑張ってきた人が10年後の今、20年後の今、うつや疾病を持っているなら、女性ホルモンを徹底して検査、そして日ごろの健康に役立ててください。うつと思っていた人も、実は、この女性ホルモンの不足、アンバランスが原因だったということは非常に多いケースです。

ホルモンを守って予防を行いましょう。無排卵ないか、女性ホルモンをチェックして、モンだいや不足あれば、バイオアイデンシカルホルモンで治療しましょう。

 

ホルモン検査って?ホルモンバランスのチェック

 

11-12日目のエストロゲン、ホルモンのページにある、E1,E2,E3をチェック。唾液検査も行ない、血液検査だけではなくしっかりレベルを知ることが大事。女性ホルモンは、油出性、水溶性ではない。その為にレベルは血液検査での測定は、不可能。次に、プロゲステロン、テステステロン(フリーテステステロン)、甲状腺はフリーT3,T4,コレステロール、コレステロールは、総合が高いことが問題ではなく、LDLの問題。計算式もダウsので確認する。HDLとLDLそして総合コレステロールのレシオを知る。

もしPMS,不妊症などの場合は、22-23日をチェックしてみる。このホルモンのことは、ホルモンページで詳細を知ることが出来る。

ストレスは、怖い。ホルモンをダメにする。リラックス、ストレス管理を学ぶ

ストレスによる、怖い症状は、ある人の下垂体を刺激、たたき、痛めつけると製造中止しました。というような事態が起きるのです。この女性ホルモンは、すごくシビア、繊細です。ストレス大嫌い。30代でこういったホルモンが落ちて、うつの症状、不安定な感情、精神的バランスや上記のような、障害を経験することです。それを若年性更年期障害といいます。

 

ストレス自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

日本女性の大切は、食事とストレス管理

日本女性の平均閉経年齢が、50-51歳といわれていますが今は30歳から或いは、40歳から50歳の女性がこういった更年期障害を持っています。先ほども示したように、個人差。この個人差は大変大きい。この更年期障害の前に起きる症状をぺリメノポーズといいます。 プチ更年期と言います。

若年性更年期2

 

気をつけて、無排卵になっていないかチェックして?

生理があるからと言って、喜ばず無はイランこそが大切な確認です。不妊症の一、確認して。

卵巣機能低下症(卵巣機能不全)

更年期とに他症状が起きる20代、30代の女性の場合に若年性更年期障害が増えています。中には40歳で閉経してしまうというケースもあります。卵巣機能低下症は卵巣機能が低下してしまう。月経あっても無排卵ということもあります。そしてこういった卵巣機能不全を放置しておくと閉経してしまいますので医師に治療してもらうことをお薦めいたします。

更年期障害の3大要因

 

判ればお友達に先ず相談しましょう!

この更年期障害の要因1は、身体的要因。第2に卵巣機能の低下。、第3に心理的要因に分けられます。更年期障害の特徴は100人いれば100人異なります。そのため自分の痛み、辛さなど自覚症状を他人には理解してもらうことが困難でたくさんの女性が悩まれているのが現実です。

 

更年期障害の例

     

  • 寝れない
  • 痛い
  • 考えられない
  • 起きられない
  • 疲れている
  • 寝ても疲れが取れない
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 爪がもろい
  • 眠りが浅い
  • のぼせ
  • 冷え
  • 体重増加
  • 息切れ
  • 動悸
  • イライラ
  • 多汗
  • のどが渇く
  • 肌の乾燥
  • こむらがえり
  • 性交痛がある
  • リビド低下(性欲) 
  • 膣炎
  • 頻尿
  • 膀胱炎
  • 短気
  • むくむ
  • ムカムカ
  • 便秘や下痢
  • 月経異常
  • PMS
  • 月経量多・少
  • 月経期間長・短

と言った症状が3つあれば早めにチェック!しましょう。

 

もっと知りたい。女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。

 

 

 

卵巣低下症l更年期
サプリメント&ハーブ

オメガ3は、最も大事な30歳以降の女性サプリ

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。卵巣低下症は、まずホルモンの甲状腺、副腎皮質の検査を行い、アドレナルやすい臓など、インスリン抵抗がないようにチェックする。このホルモン低下症は、うつにも関連するので、脳をサポートしてくれる、オメガ3は欠かせない。特に、日本では知られていない、脳の名医が確認する、ただ単に摂取するEPA,DHAだけではなく、脳の動きもEPAは、カームダウン。DHAは、アップさせる。市販はホルモン低下症にはとくに免疫が落ちる時期、絶対にアメリカの市販のサプリに多い、GMOを使い危険すぎたサプリは控える。オメガ6は、研究で大事オイルやコーンオイルから作られるもので、炎症を促進、がん細胞を増やす研究があるので、取らない。コーンオイルや大豆の市販は、おそらく外国産が多いので、気をつける。

ホルモン低下症=ストレス緩和
アミノ酸を上手く使いたい 5HTPは落ち着き

セックスアンドシティーの40歳代に入れば、女性でもミッドライフクライシスと言われる、ムードの上がり下がり、情緒不安定、イライラ、ストレスが多くなることが多い。そんな中、NYでは、40才を過ぎる女性には、鬱(うつ)を持っている女性が非常に多いといわれている。アドレナルも貴方のストレスを守ることに一生懸命になり、時々爆破こういった表現をアメリカ人は使う。使い切ったという意味である)。してしまう状態も起きる。そうなれば、インスリン抵抗の問題が出てきたり、卵巣低下症などホルモンの崩れも出る。脳の行動が正しく出来ないとなれば、判断力にも欠けるのでアミノ酸でサポートしたい。5HTPは、緊張やイライラを抑制してするセロトニンサポート。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になり、睡眠も困難が多い。睡眠不足にはメラトニンも一緒に使って、夜寝れるリズムを作ることが非常に大事とUCLAのニューロイッミュノサイコロジーの教授が言います。ホルモン低下を放置していれば、睡眠は睡眠薬でも効かないことが多い。なるべく「セロトニン」を高められるように、アミノ酸を知って、アミノ酸もこういった時期にうまく使いたい。落ち着き、明るく前向きな気持ちのサポートをしてくれるのがこの5HTPです。


女性はアルツハイマーの予防を30歳で始める
68%のアルツハイマーが女性です

女性ホルモンのエストロゲンと多いにアルツハイマー(68%が女性がなるアルツハイマー)の研究がNY Timesの4.18.10に発表されています。アルツハイマーになったらでは、遅い。なる前の予防が可能。女性ホルモンが低下しているのを放置しない。上手く言えば、ホルモン低下を見逃さない。月経の変化、睡眠の変化、午後のダウン、特にランチ後などは、こういったダウン、だるいは、関連する。甲状腺を知って(TSH,FT3、FT4を検査)。プチ更年期障害、卵巣低下機能などの時期に起きている、ドンドンホルモン低下減少(エストロゲン低下)は、このアルツハイマーのリスクを上げるという。合成ホルモンではなく、まず検査で女性ホルモンのレベルを知る。そして自然ホルモンでのアプローチと良いサプリで管理をしたい。


欠かせない、毎朝ビタミンD3で出発

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

35歳プチ更年期は、クルクミン
がんは全身をチェックする

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占
強力乳酸菌で善玉を増やす

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

女性の朝&ランチ後に受けたい
エネルギー補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントだけを扱う

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争のサプリは、防腐

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む