ウェルネスは、食事、ストレス管理とドクターズサプリから

ウェルネスを知り、自分をもっと元気にさせるサイト

ウェルネス とは1つの成功だけではなく、Happyで充実した人生を送るために、私たちの毎日の生活を改善しながら、行動や習慣(思考もパターンを持ったり、癖になることが多い)、そういった改善を使いながらもっとハッピーに充実して、私たちの生活に役立てることのコンセプトをウェルネスと言います。

自分がよりハッピーに、家族がより健康に、ハッピー度をいろんな場所で充実させる。もっと素晴らしき人生を送ること(ライフスタイルの質を上げるため)のコンセプトで、アメリカではこういったウェルネスのトレンドは急激に需要が伸びている。また、ウェルネスとは、家庭であり、職場であり、リレーションシップ(恋)、そして女性として、最も重点を置く「健康」、こういったバランスが揃って初めてウェルネスが成立したと考えられます。

例えば、健康面でサポートしたいアイディアとは、私たちが寄りよく元気に生きるために、ライフスタイルの質を上げるために、家庭で自炊をしても、食物からとれる栄養素が昔に比べて、不足している現代です。その不足を補うために、一般の質の悪いサプリではなく、ドクターズサプリメントで摂取してサポートしてあげる。食事もなるだけ、有機野菜とローカルの地元やなるべく300km以内でで摂れる野菜などが好ましいと考えます。そして、環境が持ってくる農薬や除草剤、他の汚染が体内へ入って、知らない間に痛い、だるい、ホルモンが低下、うつ、卵巣低下症、がんなどの疾患にならないように守るためにもこういった知らない、体内の毒素をデトックスすることも現代の必需品です。

Wウェルネスは、アメリカから「日本では得られない女性の健康情報」をお届けしております。 更年期障害で大変な苦痛を受けている方、卵巣低下で何も出来ないと言われた方、そんな管理と改善は、十分にあることを知る。

仮に今日、カンジダを持っていてもがんを持っていても、うつを持っていても、ストレスを持っていても管理は可能ということをここで知る。アメリカのがん治療も世界では、未だトップに入るすごい名医がそろっています。そして、治療も酵素治療から、ニュートリションなど、徹底して改善する代替治療もある。もし現在、治療薬で生活しているなら、薬だけ、サプリメントだけでは完璧な改善は求められない。特に近年の製造薬品とは、副作用が必ずあるといわれている。ビジネスの成功に戦略とステップがあると同じで、健康に対する戦略も必要な時代。そんな生き方の価値を上げていくツールをここで知ってみる。自閉症を守るための1つの案として、新生児の予防接種は、必要以上に行わないことが大事。

サプリメントは、市販のサプリをネットで買うものでは、危険が多すぎる。添加物、防腐剤、着色料、書けば限が無い。プログレードを知って、内容や成分、製造法などを知ってみる。ドクターズサプリメントについては、この項で知りましょう。

←をクリック

 

←をクリック

 

             

          

 

女性サプリメントを知る 年齢、更年期、プチ更年期別・・・

サプリメントだけを使っても不足な戦略。ビタミンの摂取方法、不足の接種法、更年期時期などにどんなサプリと改善法が自然ホルモン治療と相乗効果に使えるツールを学ぶ。見逃してしまう、副腎、すい臓のサポートと消化サポートは酵素を上手く使う。そして40才を過ぎればアルツハイマーの予防で朝にアミノ酸とPSという,ホスファチジルセリンはアルツハイマー、記憶予防に欠かせない。

 

ドクターズサプリント(メディカルサプリメントとも言われます)

市販サプリには、危険な成分のホルモン剤、防腐剤、除草剤、フィラーなどは毒素も多く、危険を生じ+お金と時間のムダが多い。環境汚染が進みすぎて、現代にはプログレードが必要。特に市販ビタミンの危険をまず知り、特に子供にはネットの市販のサプリを与えない。

 

酵素とアミノ酸の使い方

酵素とアミノ酸(たんぱく質に入っている成分)で、この2つは、違いサポートをする。酵素の使い方や、 胃酸、消化不良がある場合に、消化サポートの方法 & 炎症や免疫低下の場合に、酵素セラピを知る。脳やうつには、脳バランスにアミノ酸の使い方を知ってみる。脳にもタイプがある。

 

女性ホルモンは、自然ホルモン治療で優しく

一番大事なエリアの情報を得れる。更年期、卵巣低下、子宮筋腫、子宮摘出後など、改善方法がある。そういった改善方法を(日本の医師のホルモン治療は、20年遅れ)ホルモンのレベル検査や種類。乳癌予防、アルツハーマー予防など知る。 ホルモンのレベルを唾液検査、尿検査から知る。

 

自然ホルモン補充法を知る

バイオアイデティカルの徹底、バイオアイデンティカルホルモンの使い方 1.2.3

 

メンタルバランス

うつはまず正しいホルモン検査をしてホルモンの値だけではなく、レベルを知る。(女性ホルモンサイトでこのレベルの意味を知る)改善可能、管理可能。ほとんどのうつが、ホルモンのバランスがオフになっておきている。

 

脳の管理

脳をバランスさせる。脳のサプリメントを知る。特に更年期以前、35歳以後の管理を知ってみる。

 

ムードバランス

正しい腸の動きがあってこそ→セラトニンも元気→頭も元気→うつの詳細検査→改善方法→管理方法。うつの検査は、アメリカには適わない。検査なしでうつと決め付けない。

 

胃腸サポート リーキーガット、胃腸不良を知る

リーキーガットとは、リークとは漏れる、胃腸障害は、免疫に刺激。セロトニン低下。胃酸、消化不良は、管理可能。GIリペア、ガット改善食事法、酵素をうまく使う 腸は、80%免疫を占める。

 

環境汚染 水銀、砒素、アルミニウム、アマグラムを排出して元気を取りもどす

メタルが現代病のうつ、胃腸消化不良、炎症、自閉症に大きく関連している。

キレル→ うつ→倦怠感→不眠→メンタルバランス→性欲低下→痛み→

メタルの蓄積を知る。環境汚染が、持って来る現代病を知って管理をする → ストレス管理と同時

 

慢性疾患でも管理

がん、膠原病、神経病、リウマチなどの改善・管理は、可能。戦略を知る。名医が研究した改善方法の声を知る。サプリだけではなく、食事法、運動、瞑想を入れたプログラム。

 

アスリートサプリを知る

ただ飲むだけの水は、全く不足。トレーニング、アスリートの補給、疲労回復、サプリメント補給、痛み改善方法、外傷の手術前のサプリメントと準備、手術後のリカバリーサプリメントを知る。アメリカのプロアスリートを110%見習ってみる。

 

卵巣低下と改善

なぜ卵巣低下が急激に増えている?卵巣低下の原因と予防、ジノエストロゲン、改善の方法、管理、女性ホルモンを知る

 

デトックス方法を知る

ヒトパピローマになってもデトックスが必要、体内にメタルあるならデトックスとキレーションを使ってみる。 肝臓デトックス、 腎臓デトックス、 全身デットクス、デトックスを安全に上手くいつ、どうやって行なうのか、ハーバリストから教わってみる。

 

キレーション方法

日本で流行った点滴キレーションの失敗は、沢山のアンチエイジングの医師、患者さんが知っています。キレーションを行なったあとに、だるい、痛い、しんどい、いろんな悪化症状が出ています。

キレーション点滴以外に使えるツールを知ってみる。脳に溜まったメタルを排出、腸(体内)に溜まった水銀、アマグラム、砒素、アルミニウム、他の重貴金属を排出するには、自閉症のお子さんでも安全に使えるハーブとサポーストリー(浣腸タイプ)やオラルキレーションもこのサイトで知ってみる。

 

子供を元気に育る

子供が生活していく毎日の生活に取り入れて必要な栄養補充と予防を知る。なぜ、子供のときからオメガ3が必要か、ビタミンD3が必要か、現代っ子が逞しく育てられるために、良い環境を造ってあげる。 →危険性も知る

 

アルツハイマー予防

アルツハイマーは、30歳から予防が必要 エストロゲンとの関与

 

乳癌予防

乳癌は予防可能 なっても改善→管理→完治

 

21世紀の医者選び

近場ではなく 出来る医者を選んでいく時代

 

 

 

改善サポートを図れるエリアの頁ポイント

 

女性ホルモン 「女性ホルモン卵巣低下自然補充」の頁

 

早閉経の改善法 「女性ホルモン、ストレス管理

 

更年期障害を防ぐ 「女性ホルモン、ストレス管理

 

プチ更年期管理 「女性ホルモン、ストレス管理

 

鬱の管理 「脳化学のバランス、体内の隠炎症、治療法、脳サプリメント」

 

倦怠感は改善、管理可能 「甲状腺やアドレナルのサプリメント」

 

ムード調整 「ムード変化、脳のサプリメント」

 

環境汚染から守る 「キレーションやデトックスサプリメント」

 

キレル は、防げる 「脳ニューロ化学機能低下」 頭サプリメント

 

卵巣低下  「女性ホルモン、ストレス管理と女性サポートのハーブ」

 

初潮8歳   「ジノエストロゲン」を知る

 

だるい病  「環境と汚染、「キレーションやデトックスサプリメント」

 

メタル汚染 「知らない間に入る汚染、「キレーションやデトックスサプリメント」

 

がん管理と予防 「サプリメントの使い方、ホルモンとがん、食事、ストレス管理、運動、           瞑想、がんにならない生活を知る」

 

アルツハイマー「予防は、可能 女性ホルモンとアルツハイマーの関連を知る、アルツハイマーの予防方法、体内のメタルとアルツハイマーの関与を知る」

 

 

 

クスリ時代、クスリは効くけどすごい副作用が多い ↓

          → 医師へ行くことが元気になる解決には繋がらない

 

 

もし貴方の症状が、早閉経で諦めている方、子宮削除してホルモンの調子が崩れた方、倦怠感が数年も続いている、お子さんのサプリの会社が不安、安全を求める(自閉症含)或いは、何かしら「うつっぽいな〜」と感じて、近くの精神科へ行けばおそらく、鬱剤のSSRIや睡眠薬を処方されるはずです。SSRI剤は、かなりきつい副作用があり、臓器や脳の動きにも影響します(上手く影響すればいいのですが簡単にマッチすることが少ない)。時には、胃潰瘍になったり、胃炎になったり、睡眠も不眠になったり、倦怠感が増えたりということが通常の治療の結果です。

 

医師へ行く前に、或いは行っても出来ることと知ることがある。それは、自分の年齢と生活(ストレス度をチェックして)、女性ホルモンのレベルを知ることが最低限あなたが出来ることです。なぜならこのうつ治療とは、日本ではまだまだ新たしく、クスリもアメリカ産で、治療の方法を知らない医師が多いために誤診されることも少ないくないことです。

 

 

 

 

日本の医師が、すでにアメリカを真似た自然ホルモン治療に入っている

 

 

マダマダ少ないが、日本はいい勢いで自然ホルモン治療に頑張っている。うつの治療も薬が全てではない。薬で返って悪化、ふくさように悩むヒトが大変多いということ。アメリカの脳名医の治療とは、まず徹底したホルモン検査から始まります。女性ホルモン検査は、唾液や尿検査で行い代謝の関連を知ります。女性ホルモン、テストステロン、副腎皮質ホルモン、甲状腺、血液検査で出来る甲状腺のレベルを計りそれも総合の甲状腺だけではない。そして、CRP,CPKなどの隠れた環境汚染から来る炎症がないかを知る。メタルや重金属と言われる汚染がマグロや水道水の水から入って、これは、簡単に体内から排出できない。この汚染が体内に入れば、炎症やうつ、キレルムードの変化、わからない病など脳の化学物質も狂い性ホルモンにも影響することがある。こういった症状がうつになって出る場合が多い。

 

 

詳細は、女性ホルモンと更年期障害で勉強する。倦怠感、だるい?があれば、即、30歳、特に35歳を過ぎれば、甲状腺のテストをする。甲状腺が低下(或いは逆に過剰)にあることが多い。その甲状腺が低下であれば、だるい、疲れ、痛いが出てくる。副腎皮質とベストフレンドで1つの動きは大変大切。この2つのホルモンが元気でないと、性ホルモンが狂うこともある。サイロイドと英語で言う。このテストは、日本ではおそらく甲状腺のTSHという総合だけのテストなので、甲状腺も遊離性のFree T3,Free T4と言われる甲状腺の詳細テストが必要

 

甲状腺の低下やアンバランスは、倦怠感やだるさに変え、その影響が生のホルモンへ影響される。そして、非常にうつと似たケースが多い

 

そして、もう1つは、女性が30代に入れば、ストレスによる影響で副腎が疲れておきる症状が倦怠感女性ホルモンのエストロゲンが減ってきたりエストロゲンドミナンス(エストロゲン優位性)と言われる、プロゲステロンとのアンバランスになれば、こういっただるい、不眠、ほてり、動悸、疲れということが起きるので、ホルモンチェックは最知恵現知っておく。そして若年性更年期障害を予防する。また、最近の日本で多い症状が、卵巣低下症状更年期障害も30台で十分に現れ、この症状は区別つきにくいぐらい欝にすごく似ていますので、自分のホルモンを知っておくことが大事。

 

 

隠れた炎症、重金属がトレンドの現代病

 

 

自閉症、うつなどは現代の環境が問題で起きることが多いという研究結果が出ています。サイト内で詳細を間部増すが、知らない間に入っている汚染を気づいて、デトックスやキレーションもうまく行い、体がうまく起動するように心がけることが必要。通常、こういったホルモンの低下や不足でうつの症状になることが大変多いものです。また、ホルモンのレベルが元気でないと何を行なっても治療がムダになるということです。

 

 

まずは、サプリを賢く使い、医師選びを知る

 

 

素晴らしい医師に診断をしてもらいなるべく早く、仮ではなく、きっちりと判断してもらう医師が必要、今までの医師選びは、近場の意思でOK.しかし環境が変化して、汚染が知らない間に入っている今日は、その戦略では不足します。そういった医師探しとクスリを簡単に飲まない。飲むなら何を使っているのかを必ず知ること。クスリとは、抗生物質と言って、うまく使えば病気は治ります。しかし、クスリとは、必ず副作用があることに気をつける。

 

当サイトのリーダーは、ウェルネス、中でも女性ホルモンや抗加齢の研究に入り7年目です。日本の数名の医師が参加する、アメリカの抗加齢の学会にも参加して女性の栄養や女性のホルモン、女性と健康についてこの研究を続けて、トータルウェルネスを発足しております。サイトは、個別に別れております。ビデオの講習も沢山ありますので、貴女にあった場所で改善、サポートをご利用ください。

 

 

 

女性とホルモンの研究と内容

 

 

この手の研究に関しては、日本の医師には負けないぐらい奥深い研究を行っています。アメリカは、世界でトップを行く女性ホルモン治療、うつ治療、更年期治療、ホルモン治療のリーダーです。女性更年期やうつの治療は、合成のクスリだけはなく、ハーブやサプリメントでバランスを取ることも大変大切と言います。しかし安全に最高なる質の違いを知って、本当にいいものだけを摂取する。特にアスリートは、市販のサプリメントだけでは、危険すぎます。毒性や最近の入るサプリで値段の問題ではなく、質と安全性の問題をまず重点におき、本当に良いものを上手く使うことなどをこのサイトで学べます。

 

 

妊娠中、母の立場である貴女も子供のサプリメントも安全に購入可能

 

 

本当に厳選された、管理保障を持つピュアで厳選された会社のサプリメントだけしか、子供のサプリメントは、販売しておりません。これはわたしの子供にも飲ませるものです。メディカルサプリメント(ドクターズサプリメントと日本語で言われます)。そのサプリとは、自閉症のお子さんでも、摂取可能です。重貴金属や細菌のチェックと製造過程などとにかく、市販とは全く異なります。まずサプリメントを研究する会社のスタート地点が異なりますので安心に摂取可能です。

何でもサプリでは、女性には多くの不足があります。

「女性は、女性専門のサプリが必用な時代」です。女性サプリメントの必須、毎日サプリメント、免疫サプリメント、記憶サプリメントなど女性独特なサプリメントが必用です。

 

思春期時期、熟成時期、成人時期、そして30歳を過ぎたプチ更年期から、更年期障害を持つ時期の閉経時期には、異なったサプリメントのサポートが必用です。私たちのチームは、奥深い「女性のホルモン」について奥深い研究サイトをした上で、ムダのない、吸収もよりよいサプリメントをお薦めします。

 

汚染時代に入っているからこそ、補給とストレスの管理、食事管理など必用です。

 

ウェルネスの深い意味を知ってみる

6つの重要なウェルネスコンポーネントを強調すると

  • 感情的、物理的、社会的、知的、精神的、環境的

"Wellness is integration of Body, mind, emotion, and Spirit - the appreciation that everything you do, Think, Feel, and Believe has an impact on your state being health and well-being.".....

It is life-long process of moving towards enhancing your physical, intellectual, emotional, social, spiritual, and environmental well-being.

 

ウェルネスとは、貴女が行なう全ての行動に関して、有難い心を持ちながら、健康的な統一を求めることです。 それは、ボディー、マインド、エモーションそして、スピリット精神などのことです。貴女が信じることに対して健康的な行動とより良い健幸を求めることのコンセプトがこのウェルネスと言います。


ウェルネスとは1つのことを最適に求めるバランスだけでなく、個人のポテンシャルの最大化を指向されての状態です。ウエルネスとは、Happyで充実した人生を送るために、私たちの毎日の生活を見直しながら、改善に気づいき生活習慣の改善をして行こうというものです。よりハッピーに、よりウエルネス。もっと素晴らしき人生を送ることです。

ウェルネス以上の病気から解放されている。ウェルネス変化と成長のダイナミックなプロセスで、 6つのかぎがあります。そのキーポイントとは、物理的、精神的、社会、環境、知的、感情的、職業。 違ったエリアでも同じように、最適な健幸、を人間が健康を求めるように追求します。

その練習が、ヒーリングであったり、社会奉仕であったり、コーチングを受けて個人の感情やスピリット精神を伸ばせたり、自分の賭けている部分に気が付き、箇所を改善するそんな前向きな姿、会社であれば、同僚と上手く付き合っていけるようなそんな努力や改善のことを言います。

ウェルネス最適なだけでなく、その個人のポテンシャルの最大化を指向されての状態です。ウエルネスとは、Happyで充実した人生を送るために、私たちの毎日の生活を見直しながら、改善に気づいき生活習慣の改善をして行こうというものです。よりハッピーに、よりウエルネス。もっと素晴らしき人生を送ることで、ウェルネスの変化と成長のダイナミックなプロセス過程である。 6つのキーは、物理的、精神的、社会、環境、知的、感情的、職業で各エリア同じように、最適な健康(健幸的な)を追求する上で不可欠なアイディアです。

社会ウェルネス

社会的、効果的かつ快適に、社会的な役割を実行し 、 サポートネットワークを作成します。

職業ウェルネス

職業上の健康 あなたの職業上の努力をお楽しみいたsだき 、 あなたの貢献を感謝いたします。

 

物理的なウェルネス

物理的な健康 健康な体を維持し 、 医療を必要なときに求めている。

 

知的ウェルネス

知的財産権ウェルネス ときに 、 新しいアイデアが発生し 、 あなたの知識を拡大し続けるオープンマインドになれます。

 

感情的なウェルネス

感情的な健康 Understand your feelings and cope effectively with stress. あなたの気持ちを理解し 、 効果的なストレスに対処する。

 

精神的な健康

 

精神的な健康 Develop a set of values that help you seek meaning and purpose. の値は 、 意味や目的を求めるに役立つセットを開発する。

 

環境ウェルネス

尊重し 、 環境と自分との間の微妙なバランスをとる。

 

食べない、行かない、タッチしない アメリカ産ファーストフード

 

 

ドクターズサプリメント

リポスフェリックビタミンC

市販のマーケットで最も優れたビタミンCの商品です。リポゾームと言われ、従来のビタミンの吸収率ではなく、吸収率が優れている臨床が出ています。このビタミンCは、非常に高い吸収率(体内で約100%)が期待可能。免疫サポート、日ごろの健康、高濃度ビタミンC点滴療法の代替などにお使い下さい。このビタミンCは、ドクターズグレードで添加物や合成は含まれていません。リポゾームC1gは通常のビタミンC8gに相当します。

 

毎朝ビタミンD3で始める

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、5000iuから10,000iuのD3を与えるという。マルチビタミンは、不足、危険。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、メディカルサプリ。

 

オメガ3 は、 天然サケ100%

「女性に最も大切なサプリメントとは、マルチビタミンなど取れば良いことではない。質の良い本当に安全+研究されたサプリが大切。市販のサプリメントは、中国産原料、毒素や重貴金属、細菌が入ったり、製造方法も原料にはGMOを使い危険すぎるとWウェルネスは考えます。「メディカルサプリメント」は、市販商品とは全く構造も素材も異なり分子整合栄養医学やビタミン、ミネラルなど研究された栄養素のサプリメント。EPA&DHAは、天然魚生まれ。メディカルグレード

 

記憶サプリメント、脳を王様サプリ

ホスファチジルセリン(Phosphatidylserine)ー脳のサプリメントの代表選手ともいえる、PS.。集中力、記憶力など脳のエネルギーサポートの使われるサプリメント。 


ストレスは、5HTPでサポート

鬱(うつ)やストレスの緩和をサポートするアミノ酸の1種です。5HTPは、緊張やイライラを抑制してするセロトニンサポート。プチ更年期障害、卵巣低下機能、更年期障害の時期はこのアドレナルのバランスがかなり機能低下になり睡眠も困難が多い。癒しホルモン「セロトニン」を高めて、明るく前向きな気持ちにサポートしてくれます。

 

35歳プチ更年期は、クルクミンでがん予防

「クルクミン 抗がん」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。女性ホルモンが低下する時、エストロゲンドミナンスという症状が現れる。この症状を見逃さない。閉経前の状態とは、長ければ10年以上も続きこの間が免疫の勝負。がん、成人病を予防するためにも、35歳を過ぎればホルモンの低下とエストロゲンのE2、E1のチェック月経の過少・過多が出てくれば、子宮検査だけではなく、「がん抗原テスト125」を必ず医師に依頼して検査       


腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌+総合なる5種類のラクトス、ビフィズスの混合乳酸菌が必須う。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)のメディカルフードをトライして、食事とストレス管理、そして生活改善で試してみてはどうか?年齢を増すとHCLという私たちの必要な胃にある酸が低下する。

 

エネルギー&アスリート補給

アスリートの補給が日本では一番遅れていると痛感するWウェルネスチームの考えです。市販のスポーツドリンクは、急上昇、急降下させるパフォーマンスもこれでは不可能。Wウェルネスのサプリメント、エネルギーサポートもカフェインなし。アミノ酸は、7525mg配合、B混合、B12ha,1袋に500mg入っています。ローラーコースターの症状を防ぎ、疲労からのカンバックを補うデイリーパックの人気商品。出張が多い、女性の更年期障害、倦怠感など健康維持に役立ててください。

 

脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む

女性と健康