リーキーガット症候群を治す

こんな障害ありますか?

 

  • ♦  消化不良? → 食事の後、ゲップが頻繁に出る
  •   逆流性、Reflxなど
  • ♦  IBS, 悪玉の多い胃腸、下痢、便秘の繰り返し
  • ♦  食べるのが怖い
  • ♦  おならが良く出る
  • ♦  おなか、胃のハリ、膨張感が多い
  • ♦  プロテイン、肉を食べると消化しにくい感じがある
  • ♦  アルコールが以前のように美味しくない
  • ♦  食事のあと、眠くなる
  • ♦  数ヶ月以上続いている

 

    ういった上記の胃腸障害の症状があるなら、まず改善と、消化サポートの改善が第1です。

    食べても栄養が吸収できないなら、免疫は低下、疾患は急進です。

    特に日本人に多い、胃の粘膜を保護するサポートをここで知ってみる。

     

    ”リーキーガット症候群” Leaky Gut ”に多い症状・・・・

    非常に、非常に最近、日本人に増えている。食べることは、食べるが目的ではなく、栄養素が吸収されて身になり、力となるかが大事です。

    人間が食べれなくなれば、終わりです。栄養無し→エネルギーなしというアイディアです。

     

    アメリカ人の60ミリオンの人口が、このIBSや リーキーガット症候群で悩んでいると言われています。腸内で毒素が増え体内へ、炎症、低下、倦怠などを送る症状である。この腸内の毒素が増えれば、疾患、炎症が生まれてくる。ムード、免疫はドンドン低下の答えである。

    腸の動き→ セロトニンの75%を作り、疾患、だるさ、痛さ、うつ、思考(ムード)まで悪化される。(トクシックマインドにもなる、毒化思考と英語で言う)。

     

    胃腸の動きにガス、膨張、食事をすれば眠くなる、こういった症状は、胃腸のバクテリアオーバーグロスといわれ、腸内で毒素が増えていること、あるいはパラサイトなども原因かもしれないと予防医学のDrは言う。腸とは、大腸だけではなく、小腸も非常に大事である。

     

    Iggフードアレルギーをやってみよう

     

    Iggフードアレルギー検査とは、アレルギーが遅滞して起きる反応、例えば食べた直後に起きることではなく、72時間や多くて、80時間ごぐらいに出てくる反応をデレイ・アレルギー Delay Allergic Reaction 反応という。

     

    Igg Antibody検査とも言われます。これは、一体どういうことかといえば、体内へ隠れたアレルギー、アレルギーの原因を徹底に知りこういう遅滞反応おきているアレルギーを抹消することも1つ。もう1点は、リミテーションダイエットといい、アレルギーが多い、コーン、大豆、小麦、牛乳、こういったアレルゲンを一旦経って、そのあとにすこしづつ紹介してあげる。そうすれば、体が何のアレルギーに反応しているかと理解できる方法でもること、そして問題になるアレルギーを削除する。これをリミテーションダイエットという。

    削除していく方法であります。

     

    胃腸サポートの大きなサプリメントは、下記に示しますが、簡単にかけば、酵素、まず強力な乳酸菌(S. boulardii サックロマイスボラーリ、ラクトバチルス、ビフィズス)、HCL→ハイドロクロリック酸で、ベタインとペプシンのドクターズグレードのサプリ、(サプリは、市販とドクターズグレードは同じでないこと) ジンク→亜鉛は50mg以下に抑え、強力なオメガ、フィッシュオイルは、数グラムは、1日に最低必要量といわれ、炎症を抑えてくれます。また、オメガは、脳、神経、再生にも素晴らしいサプリでとくに、女性には欠かせない。レモンドリップのオメガオイルは、1回の摂取が、EPA,DHAを1850mgとドクターズグレードの強力で、お勧めです。

     

     

    リーキーガット症候群の原因

     

    • ♦  外的な化学薬品、痛み止めや薬の使用が多い、
    • ♦  腸内のバクテリア、悪玉が多くなっている
    • ♦  酵素が減っている
    • ♦  アルコールや暴飲・暴食
    • ♦  ピロリ菌炎症がある (胃の粘膜に炎症)
    • ♦  HCLと言って、ベタインといわれる、ハイドロクロリック酸が減っている
    • *これは、年齢と共に自然と減ることも多い
    • そして、メタルの蓄積もこの原因に考えられます。

     

    メタルの蓄積は、、腸内洗浄を行なってもキレートされない。血管や細胞にメタルがひっつく、時には骨まで、脳にこのメタルが蓄積されていることが多い。そうなれば、うつ、バイポーラ、自閉症などに非常にこのメタルが腸、脳伝達物質の機能が衰える。いつも炎症が続き、ミステリー病がいているなら、まず検査でメタル、ホルモン、ガットをチェック。そこがスタートです。

     

     

    リーキーガットのセルフチェック

     

    まず、胃のチェックを行なう **H2ブッロッカー、胃酸止め薬が答えではない

    痔、痔のかゆみはガットの影響 (かゆい痔は、甘くみない)

    検診で胃腸の問題がないなら 食べたかた&栄養改善

    栄養補助食品サプリメント&ハーブ戦略を知る(右のリンク参照)

    アルカリ性に体を持っていく

    胃腸だけではなく、胃の粘膜の修正も大事

    ベジタリアンと40才過ぎて、消化に問題があれば、B12がかなり減少しているのでアクティブフォームビタミンBを摂取。

    インシュリン抵抗を見逃さない、すい臓の動きも消化に影響 パンクリアティン

    ストレス管理を習う 「腸は、第2のBrain=脳」 →セロトニン大きく影響

    ホルモンが低下していないかチェックする

    一日3回ではなく、1日に5−6回の食事回数に分ける

    油、フライ、ジャンクフードを避ける。オイル使うなら、新鮮なオイルを使う

    アルコール、飲むなら食事が始まってから一緒に摂取

    睡眠は、大丈夫?しっかり週末に休息を入れる

    免疫低下をチェック

    環境汚染に負けない ファーストフード食べない

    重貴金属、水銀が蓄積されていなかチェック

    水銀の蓄積は、胃腸に溜まる。体内に入りすぎていないか調べる

     

    ここでは、民間方法、代替治療と根本的なことを習います


     

     

何が起きているのか?H2ブロッカーなしでは、生きていけない?

30-40才でこの問題があれば、今改善しないと疾患は、増えるばかり。炎症を鎮痛は、胃酸鎮痛剤ではなく、管理と改善が必要。日本の医師が、Lグルタミン(アミノ酸を1500mg/食事に摂取)することや、サプリメントのHCL=ビテインというサプリを聞けば、目がでたように驚く。しかし、抗加齢の医師は、すでに数十年前から使用している胃腸サプリメントの大事。胃酸が減りすぎは、良くない・・・詳細を読んでみましょう。

 

まずは、GI,胃腸を修正&強い乳酸菌+酵素

 

 

良い乳酸菌を与えてあげる。乳酸菌には、色々ある・・・

 

アメリカでは、一時流行った、VSL30いわれると強力な乳酸菌があるが、このVSL30は、メディカル乳酸菌である。成分内容は、9000億と4500億があり、当初、弊社のチームも期待を持ってこの強力な乳酸菌を使ってみた。約4ヶ月の投資、合計数十万円であります。ウェルネスチームのスタッフ、クライアントにHピロリ菌の退治で、実際に予防医学の治療を行いたいひとで、日本からピロリ菌の退治をして免疫か低下、倦怠感が抜けないという有名大学の教授であった。

 

このクライアントの検査結果で、免疫低下の検査をした後、なんとラクトバチルスが、ゼロである。全て抹消されている。そこで、アメリカの予防医学の名医が、VSL30の9000億の乳酸菌を処方して、3ヶ月様子をみようと、3ヶ月まず、トータルで使ってみたが、成果効能の結果は、我がチームでは、こんなフィードバックであります。→ やはりこの数年の研究結果から、乳酸菌の値段は、超最高価格で、非常に良いとされた ドクターズサプリメントでも、強力とマーケットで出ているVSL30より、クレアラボ社、マスターサプリメントのほうが、腸のフィードバックは、はるかに良かったということであります。

 

この投資が、現在の乳酸菌選びの1つの要点につながり、他研究は、予防医学の研究などから、このVSLを経験済みで、いろんなアメリカにある市販の上クラスからドクターズサプリをトライした上のことです。やはり、市販の製品は、まず投資のムダを突きつけたように反応がでたが、1点は、リキッド冷蔵方消化に関しては、Bio Kは、良いフィードバックを持っています。クライアントも日本から渡米して、VSL30を使い、後にクレアラボ社の乳酸菌、マスターサプリメントの乳酸菌へ変化した際には。やはり良いいういう反応を示していました。VSLは、冷蔵もアメリカ国内でも冷蔵パックで2日で届くので、遠方の特に日本など、輸入にはこういった管理が必要になるので、保管に問題があるのか、何が不足かわからないが、不足がこたえになっています。

 

腸は、乳酸菌に反応はするということであります。逆に言えば、効き目は出てこないけない。それに少し時間がかかる場合もあるが、これは、ウェルネスチームの経験談の1つとして受け止めてください。VSL30は、期待しぎた、というチームの結果で、値段に効能が一致しないのが、正直なところである。ご参考に頂きたい。

 

 

リーキーガット、GI,胃腸にふさわしい強力乳酸菌+酵素の使い方

 

 

SACCHAROMYCES BOULARDII

更新中・・・

近代社会になってから雑草食、草食から、肉食に変わっている日本。そして、パンといえば、真っ白でご飯といえば、ピカピカ真っ白、この白は、栄養には全く良くない質である。ブリーチといわれる漂白剤で白くされたもので、削られた栄養素で全てが一揆にシュガー、糖分に変化する。美味しく見れるが、この見かけが、体内には害である。昔は、玄米といわれる、GABAやビタミンBが入り、脳、鬱にも良い、脳科学物質も含まれるあの素晴らしいビタミンBのことである。

 

エッと思うわずに、問題があれば、食事の食べ方を改善する。勿論、食べる食品も大事。そして食事の変化は、1.2日では出来ない。切り替えるなら脳の準備も必要なので、徐々に変化していく。毎日が不可能であれば、最低でも2週間まず食べるパターンを変えて、右にある特にGIリペアやHCL=ビテインのサプリメントは、食事のあとには、胃腸の炎症サポートをしてくれる。胃腸、消化のハーブとサプリで試してみる。H2ブロッカーは、最初は良い。不思議と効くように感じる。聞いているかもしれない。しかし見えない、エリアはドンドン落ち込み、毒素が多く、すい臓やインスリンも抵抗型になって、使っている間に、副作用はドンドン大きくなり、酵素の動きも50歳で半減するために30歳、40才ですでに不良があれば、改善を求めるべきです。特にこういった胃腸障害を持っているならば、消化酵素を欠かせない。本来必要な胃酸もドンドン減っていき免疫も低下していく。

 

家では、全粉でガンバル!

 

スーパーのパン列にに行けば、白小麦のみのいろんなパンが添加物入りで売っている。これは、小麦の全粉から栄養素を全て取り外されて、全く栄養のない、グルテンという、セリアック症状も出ている問題に面と向かうかもしれない。白の粉は、小麦の世界ですでにアメリカでは、GMO,遺伝子組み換えの小麦が発明され、世界にユシュツが始まっている。日本はアメリカの第1位を占める小麦輸入国である。何が、有機で何がGMOか見分けはかなり困難。国産は高い。しかし、GMOの危険を考えると、国産の全粉は未だ比較的安く、安全性がある。子供のアレルギーや胃腸の問題は、こういったグルテン、白粉の栄養ないものを食べ続けている間に免疫も低下、炎症が体に増える可能性もある。そしてイーストと言われる悪質な菌はドンドンこの白粉では増えて、カンジダ、アレルギー、うつ、炎症、倦怠感など、原因不明の症状も少なくない。現代の食事から生まれている疾患であると抗加齢の名医は言う。

 

本当の栄養素とは、白米ではなく、玄米。白小麦ではなく、ホールウィートといわれる、全小麦の全粉で作られる案である。こういった栄養素には、GABAやビタミンB、色んな栄養素が含まれている。全粉があって、初めて健康に良い役立つ食事である。昔何千絵前から食べられている、プラントベースの食事である。

 

 

うどんも白粉で小麦です! 出来れば国内 そばが良い(アレルギーない場合)

 

日本は、アメリカを追うように西欧化の文化が始まっている。そのエリアが、ファーストフードである。そして食事も西欧化が始まった80年代、90年代は、過去に無い糖尿病が、日本で急激に増えていまも鯉のぼりのチャートである。

 

日本食でがんばる!

 

「アメリカ食」は、「SAD DIET」とシンボルされた、アメリカ人も知っている、悲しい食事です。アメリカンダイエットは、病気を起こすと沢山の医師が唱えている。早死にしたければ、アメリカ食にするべきであるというジョークがある。このアメリカ食に問題がある。(くえっしょんではなく、問題が明らかにあるtいうこと)。現代食に問題があるので見分けとまず、ダイエット、やせる意味ではなく、毎日食べる習慣を変化する。

 

 

ファーストフードには、絶対に近づかない!

行かない、食べない、子供には絶対危険な食事!

 

世界で一番大きい、ファーストフードは、訴訟もいつ起きるかというようにいろんな保存料、砂糖、オイル、細菌、GMO、合成ホルモンの牛、チキン、全てが恐ろしい中身の現実である。まるで、タバコ訴訟と同じで時間的な問題でアメリカで大訴訟が起きると見る人間が多い。肉社会が、ただ悪いのではない。肉も良い質のもの食べて食べ方を知っておけば、プロテインは、スポーツや体に役立つ食品の1つである。

問題は、食べ方と食べる食品の原料である。今まで日本では稀であった疾患アルツハイマーも、この90年代からこの糖尿と同時には、急上昇して、がんも伸びている。アルツハイマーは、伸びているどころか、年齢がドンドン若くなり早ければ、40台でアルツハイマーになっている人がいる。

 

 

胃の消化とどんな関係があるのか?

セラトニンの80%がこの腸、胃、この消化器官エリアで作られる

第2の脳=ブレインといわれている。

 

 

うつっぽい、うつで治療しているなら、まず食事を考え直してみる。アメリカの胃腸研究者で、このセラトニンと脳、そして胃腸の研究をしている博士がいる。その教えとは、セラトニンとは、胃腸で80%作られて、大事な大事なエリアであるという。胃酸だけを防ぐことだけではなく、うつもこういった胃腸の障害から起きることも十分に可能性があるとも言われる。

生活習慣がまるで、狂ったように西欧化してキレイな白いモノを手にしてしまう癖。見かけの良い小麦が中国産で、農薬を時には、300倍、3000倍入れて、野菜を作るという記事も見かける。そんな安いみかけだけを追いここがいたい、あそこがおかしいという前に、冷蔵庫と棚を空けて、自分の食事を朝から1週間続けて書いてみてみることも1つのい改善始め。

病気にならない方がおかしいとアメリカの消化器官を研究する、Drは言う。

 

そしてこれにまして、「忙しい」、「時間がない」、「コンビにのお弁当でいいわ〜」。「マクドの100円バーガーでいいわ」というような、生活をしていてこういった疾患に今までならないこと事態が不思議であるということである。ここでは、できることがある。その方法を一緒に習ってみる。そして、自分の口から肛門へ出るまでは、誰の責任でもなく、自分の責任であるということを知って、より良い改善と健康維持、ウェルネスをぞ飲んでほしい。

 

できる。しかし気づいて、胃腸薬が解決法ではなく、食事とストレス、管理と食事方法の改善が必要であるということにシフトをしてみる。

ホルモンが低下&消化の関連、免疫との関連、筋肉の衰えでも起きる

 

消化は、食べ方だえkの問題だけではなく、次第に年齢、ホルモンが低下すれば、消化器官の機能障害も青きる関連がある。まず、エストロゲンとプロゲストロン、甲状腺(甲状腺は、メタボリックの中心ホルモン)、副腎皮質ホルモンなどをテストしましょう。そして、自分の女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。年齢が、35歳にならなくても、こういった更年期障害が起きること。低下が、出ることも十分に可能があるということです。

 

30歳にならなくても起きている、消化不良、放置はクスリを飲んでもドンドン悪化、  がんの誘引を予防する

 

毎日、朝ご飯抜きで濃い目のコーヒーを駅前でブラックか、大量のクリームを入れて、砂糖を入れて、In LOVEみたいな経験はないだろうか?起きたときのカフェインは、効く。しかしこの時に起きることが、アルカリ性からいきなり酸性に変えて胃をたたきつける。ご飯のあとに飲むなら未だ話は、違う。一番害がある、危険な食事をしているとDrからいわれれば、どうするか?人生をあきらめるか、胃酸、体をいたわる改善に走るか?年齢が増せばこの胃腸の障害はドンドン大きくなる。早めに解決することが大事。

 

 

牛乳にアレルギーがあれば、代替でミルクやクリームの代わりに、豆乳、ココナッツミルクなどに変えてみてやってはどうか?砂糖も和三盆、アガベはサボテンから出てきていて、GIも低い。白い砂糖が一番危険である。また、甘草のステビアはGIの低い1つでポケットようがあるので使ってみれば良い。最近は苦味もなくアフターテースト(後味)もなく、インシュリンや血圧を上げずに代替の低糖シュガーは、上手く使えて美味しい。

 

 

上記の白い飯、白い小麦、白い砂糖は、特にスポーツ選手、脳や胃腸を健康にしたいなら厳禁な食事法である。

 

日本の先祖は、世界で素晴らしいジャパニーズダイエットを行い、世界で長寿を持っている。これは、世界が注目する日本食のスマート食があったこと。食事が何よりも大事というがんの名医が沢山いる。食事で健康が変わる。食事でブレインが、変わるという名医が沢山ある。彼たちは、リサーチして、実際に患者さんを目の前にして研究している。

 

 

女性であれば女性ホルモンもチェックする ホルモン低下と胃酸、胃腸の後退

リーキーガットと言われる、腸のラインが破れて上手く消化しない疾患がある。このりーきーとは漏れるという意味で、アメリカの流行語の1つ。急激に体重の増加などが起きれば、女性ホルモンをチェックする。

 

 

エストロゲン自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

ストレス自己テストをやってみる(左のリンクをクリック)

 

日本女性の大切は、食事とストレス管理

日本女性の平均閉経年齢が、50-51歳といわれていますが今は30歳から或いは、40歳から50歳の女性がこういった更年期障害を持っています。先ほども示したように、個人差。この個人差は大変大きい。この更年期障害の前に起きる症状をぺリメノポーズといいます。 プチ更年期と言います。

 

もっと知りたい。女性ホルモンを女性とホルモンのページで知りましょう。

 

 

 

リーキーガット改善

リーキーガット改善サプリメント

「女性に消化不良は、年齢やホルモン低下などでメタボリックがオフになると、消化も遅れます。ガストロインテステインと英語で略してガット(GI)と言います。これは胃腸、GIの修理に作られたパウダーです。受益効果を腸、ミューコーサルという、粘膜の整合性にブレンドされたサポートとコラーゲンの修復の促進、健全な腸の粘膜の維持をしてくれます。

成分:HCL ベタイン &  PEPSIN ENZYME ペプシン酵素

 

リーキーガット改善サプリメント

「女性に消化不良は、年齢やホルモン低下などでメタボリックがオフになると、消化も遅れます。ガストロインテステインと英語で略してガット(GI)と言います。これは胃腸、GIの修理に作られたパウダーです。受益効果を腸、ミューコーサルという、粘膜の整合性にブレンドされたサポートとコラーゲンの修復の促進、健全な腸の粘膜の維持をしてくれます。

成分: 4.2グラムには、 L -グルタミンパウダー(非常に消化をサポートしてくれる必要なアミノ酸)、 N -アセチルグルコサミン、 スリッパリーエルムは、炎症を抑えるハーブです。 ルチンのNF、 ラクトフェリン、 亜鉛のL -カルノシン、 アロエベラの葉インナーフィレは200:1を抽出と その他の成分:キシリトール、 甲殻類の魚を含みます。(エビ、カニ、および/またはエビの粉末)。ほとんどのGIサポートにCrustacean Fishは、含まれます。

腸は、第2の脳 免疫70%占

セラトニンが腸と関係あることなんて、初めて聞く方も多いはず。腸は、第2の脳でうつにも多い、セラトニンとの関係があるこの腸。(セラトニンは、Happyにさせる物質)。免疫も70%がこの腸が占めるという。胃潰瘍、胃酸、十二指腸は十分改善可能。最低限の乳酸菌とは、生きた乳酸菌(強力要)メディカルフードと呼ばれる、乳酸菌でラクトバチルス、ビフィズス菌の豊富なものが必要とされています。これは、総合なるコンプリートと言われる素晴らしい乳酸菌です。胃酸ブロックを使わずにGIリペア(腸のリペア)、食事、ストレス管理、そして生活改善で試してみることが基本になります。年齢を増すとHCLが低下とされるので、うまく使いたい。

 

欠かせないB混合とB12

吸収は肝臓で変換されることのない、アクティブフォームビタミンBです。エネルギーと再生に役立つBは、女性の更年期時期には、特に欠かせられないビタミンです。一般の市販Bとは、安いシアノコバラミンB12が使われ、まず、体内へ入れば肝臓で変換される長い時間がかかり、吸収されたと思えば、尿に即排出で1度で終わりです。到底アスリートの補給や更年期時期には、こんな安い質のビタミンでは、不足です。それと、日本人女性にこのBの減少が見られています。特にベジタリアンには、このBが必要です。疲労からのカンバックだけではなく、胃腸障害に欠かせないビタミンBです。

 

胃腸消化の酵素

Wウェルネスで一番人気ある、ドクターズグレードの全般なる消化酵素です。パンクリアティンも豊富です。1カプセルに純粋なパンクレアチンを500mg含みます。そして、他の消化サポート酵素としては、アミラーゼを 125,000のNFユニット、プロテアーゼを 115,000 NFのユニット、 リパーゼを20,000のNFユニットを配合します。

消化酵素の酵素自体が、50歳になれば、20歳の半減するといわれていますたんぱく質には、プロテアーズ酵素、炭水化物には、アミラーゼと酵素は使い方があります。これは、パンクリアティン、すい臓のサポート酵素と総合の消化酵素です。植物性酵素も優れた成分量が含まれています。

 

野菜、植物性成分のみ消化酵素

アルカリ性を好む、野菜から生まれた酵素。植物性酵素で一切の添加物なし。素晴らしい、全体の野菜出身の消化酵素です。質の良い酵素は、セラピューティックと言われ、痛みや炎症に関しては、1日に3−4回、空腹で使う使い方と食事のサポートで消化サポートの2通りで使われます。

炎症、外傷、免疫を求める場合は、免疫酵素をお薦めします。消化サポートで使う酵素は、1つを食前30前あるいは、食後に1つを摂取という取り方がある。一切のフィラーもなし、素晴らしい商品です。


ビタミンD3は、朝に欲しいサプリ 脳、骨、神経

ウェルネス女性のサポートは、今日も頑張って活動する「朝が勝負」。ビタミンD3が必須うで効果的な臨床が出ている。ビタミンD2ではない。D3は、,抗ガン、エネルギー女性に欠かせない。

D3は、朝に2000iuを摂取するのが適量という抗加齢の医師。がん患者さんは、検査でDの量をモニターしながら、5000iuから10,000iuのD3を与える短期治療5000iuの継続も多くあるという。なぜ?マルチビタミンは、イマイチかといえば、まとめて・・・では、かなりの不足になることが多い。時代遅れの接種法。勿論、D3のグレードは、勿論、メディカル〜ドクターズサプリの無添加サプリ。

 

炎症 クルクミン成分多、特許製法

「クルクミン 炎症」の検索をしてみよう。クルクミンは、30後半から見逃さない。長く続けるサプリの1つ。炎症とは、見えないエリアの症状が多い。以炎は、炎症。「まずは、GIリペア」と強力乳酸菌でサポート


脳のドア、鼻を洗浄免疫守る

脳のドアは、アユルヴェーダでジャラネーティーと呼ばれます。鼻は、呼吸の入り口で脳のドアといわれるぐらい大切なエリア。環境汚染やアレルギー、喘息、季節の花粉症に是非とも役立てて違いを経験ください。ネティーポットは、困難。この鼻洗浄は、3歳の子供もこのもクリーナーが可能。職場から帰宅後、アレルギーシーズンなど欠かせない家庭グッズの人気商品。間違っても食卓の塩水で洗わない。逆に炎症、子供には危険。

 

睡眠ケア

成長ホルモン(GH)も寝る間に製造されます。エネルギー、お肌、頭、体力の元は睡眠です。睡眠ケアを知ってもっと美人になる。 良い睡眠していますか?「寝る子は育つ」原理・・・

もっと読む

メディカルサプリメントが元気の資本

メディカルサプリメント、メディカルフードは、アメリカでもっと注目されている質、レベルが高い商品を扱っています。本当に良いサプリは、体が反応して効果を示します。値段競争の

もっと読む

ボディー・マインド・スピリット

アメリカ女性は、3つの大切なバランスを取って、ストレスのバランスを取っています。1.Body2. Mind. 3. SpiritNLPコーチング

もっと読む

ドクターズコスメ & ハーブ化粧

女性の化粧品選びは凄い大切。W.ウェルネスでは、お肌プリプリ、老化防止、アメリカのアンチエイジング、ドクターズコスメとハーブ化粧品のみ取り揃えています。

もっと読む

心の健康

心の健康を保つために大切な事は、ストレスを感じたときにどう対処するかです。 2.ストレスとは何か? 3.精神神経免疫学 サイコニューロイミュノロジー

もっと読む

ウェルネス ストアー

「輝くようにイキイキとした生活」をするためにはそのライフスタイルから生まれると信じています。本当に良い素材だけを、有機、ナチュラルグッズだけを揃えています。

もっと読む